内服治療

AGA(男性型脱毛症)の治療で最もメジャーな治療はフィナステリド(プロペシア)の内服治療です。

この治療が厚生労働省の認可を受けたのは2005年ですが、それ以来たくさんの医療機関で処方されるようになりました。

その他にも、世界の標準的な治療であるミノキシジルの成分も含んだ大変人気の高い「メディグロー内服」というフィナステリドとミノキシジルを含んだ内服薬もあります。

その方の症状によって毛髪専門医が治療のご提案をいたします。

なお、2016年に発売されたザガーロもございます。

2016年10月02日